さまざまな賃貸管理サービス

アパートを購入後、すべての管理を自分ひとりで行おうとすると、とてもではないが不可能です。

今現在勤めている仕事もありますし、アパート経営はあくまで副業なので、そちらをメインにすることはできません。

だからこそ、アパート経営のパートナーとなる賃貸管理会社が重要になっていきます。

賃貸管理会社について調べながら、具体的にはどういったサービスを受けることができるのかということも調べてみました。

すると、ひとつの管理会社で、いくつかのサービスプランを提案していることが多いようです。

会社によってもサービス内容や価格について少しずつ違いがあるだろうと予測していましたが、同じ会社のなかでもサービスプランが複数存在するとなると、比較するのが少々大変そうな気がします。

とはいえ、ここは大切なところですから、面倒くさがってはなりません。

最初にしっかり調べて決めておけば、あとの管理が楽になるはずです。

サービスについてわかりやすくホームページにて説明している管理会社をチェックしています。

さまざまな賃貸管理サービスがありますが、具体的にどういった項目で違いがあるのかと言いますと、まずは契約期間です。

10年から20年といった期間のプランもあれば、2年契約で自動更新がかかるプランもありますし、契約を解除するまでずっと契約を続けるといったプランもあります。

この契約更新期間が異なるというのは、サービス料金的にも違いがあるのでしょうし、融通をきかせやすいかどうかといったところにも関わってくるのかもしれません。

アパート経営で収入を得るためにはやはり、全部屋入居者が決まることです。

空き部屋があれば、その分収入は入らないことになるので、損になります。

しかし、人の暮らしでは、引越しをしなくてはならなくなることもあるでしょうし、いつも必ず満室とは限らないでしょう。

こういった空き部屋ができたときに、管理会社によっては保証してくれるプランを出しているところがあるようです。

他にも、さまざまな賃貸管理サービスがあり、ひとつずつ項目をチェックしていきたいと思っています。